「ふんわりインサーツ」と「魔法のおむつ」と「布おむつ生地」どれを選んだら良い?

布おむつ本舗で取り扱っている
「カバーの中に敷く吸収帯(インナー/布おむつ)」は大きく3種類。
名称だけではイメージしづらいですよね?


↑こうやってカバーの中に敷く吸収帯のことです。
  



どれを選んで良いかわからない・・・と思っている方
迷ったらまずはふんわりインサーツから・・が、オススメです。

3種類とも同じ柔らかなマイクロファイバー生地です。
天然繊維ではありませんが、海外などではマイクロファイバー布おむつを主流としている国がたくさんあります。
吸収力が綿の約3倍で、肌触りはふわふわ、汚れ落ちがよく乾きも早いので布おむつに最適なのです。

  



*テリレンとは・・・英国のICI社の製造するポリエステル繊維の商品名。
米国のダクロン,日本のテトロンと同じ合成高分子からつくられている。


さて、この3点の違いは?
・・・おおざっぱに言うと、

・サイズ
・柄の有無
・成型の有無

この3点です。
なのでお好みで選んでいただいてOKです!


ふんわりインサーツは、
マイクロファイバー3層構造。
成型されているので折り畳む手間がなく、薄手で使いやすいのが特徴です。(2枚重ねにも向いています。)
迷ったらまずはこれを使ってみてください。


ポケット式ワンサイズおむつのポケットには是非ふんわりインサーツご使用下さい。
まだ寝返りの出来ない赤ちゃんは薄手の生地が適しています。
(かさばると腰の辺りがごわついて、肌に跡がついてしまいます。)

ふんわりインサーツか、布おむつ生地がオススメ。


魔法のおむつは、
ふんわりインサーツを柄付きに加工した物です。
真ん中吸収ステッチが入っていますのでより高機能。

サイズは:ふんわりインサーツよりややコンパクト。


お楽しみセットは、常に新柄で作製し続けています。
「お洗濯が楽しい♪」「布おむつ生活のテンションが上がる!」と大変喜ばれています。
布おむつ生活は、お母様も楽しい方が断然長続きします。

 魔法のおむつお楽しみセット

布おむつ生地は、
まったくの未成型のその名の通りフラットな「布おむつ生地」です。
サイズは約40×40cmでとっても柔らかです。

お手持ちのカバーを使用する際も、お好きな幅に折り畳んで使えるので便利♪
広げて干せるので、冬でも梅雨時期でもあっという間に乾きます。
マイクロファイバー生地は、綿より3倍も水分を吸収するのに
乾きもスピーディだし、雑菌も繁殖しにくいのです。


私は元々、天然素材主義でオーガニックなどを良しとしています。
食事なども無添加・無農薬にこだわります。
スーパーでは、裏の成分表示をチェックしながら買い物します。

でも、マイクロファイバーの布おむつに出会ってしまってからコロリと考えが変わりました。
まさに「目から鱗」状態。
紙おむつだと汗疹だらけになってた次女のおしりもすぐに良くなり、
通気性も良いことが分かりました。

「化学繊維=肌に悪い」ではないのです。
ユニ○ロのヒートテックだって、家族みんな持ってるけど化学繊維。
紙おむつを使っていた時と比べたら、
いかに肌に負担が少ないかは
赤ちゃんのお尻が教えてくれます。

無理して天然素材オンリーで頑張ろうとするから挫折する人が多く、
「布おむつ=大変」なイメージが強いのだと、私は思います。

布おむつ本舗のおむつ達は、

「紙おむつはなんだか体に悪そう、でも布おむつはハードル高すぎ」

と思っているお母さんにこそ是非使って欲しい布おむつなんです。(自分がそうだったから)

布おむつ本舗は、
「こんなに楽ならもっと早く知りたかった〜〜。
もっとたくさんの人に布おむつ生活の楽しさを伝えたい!」と思って作り始めたのがきっかけ。

海外には素敵なデザインのおむつカバーがたくさんありますが
高くて何枚も揃えられなかったんです。(1枚3000円とか・・)
なら自分で作ってしまえ!とカバーも作ったわけです。

かわいい柄のおむつ達を干している時のワクワクは、
一種の自己満足なのですが、
布おむつ生活は、無理したりがんばり過ぎたりする物ではないと思っているので
「楽ちん♪楽しく♪」をモットーに無理せずに楽しみましょうね。


 

→よくある質問ページに戻る